RPAで実現する業務自動化

ロボ社員

 

RPAとはパソコンを使った定型的な繰り返し作業を、ソフトウェアのロボットに肩代わりさせて自動化する技術です。

会社には会計管理、販売管理、人事給与管理、顧客管理、各種コラボレーションツールなど数多くの業務システムが導入されているにも関わらず、「労働生産性の向上」や「長時間労働の是正」が依然として課題視されています。

その大きな要因の一つが、業務システムの ”隙間” に残る手作業です。

隙間の手作業が業務効率化のポイント

「業務システムは既に導入されているが、拠点間・システム間・役職間によってデータの書式や用途/目的に微妙な違いがあり、そこを埋めるためにヒトによる手作業が必要になっている。」
このような隙間は、多くの企業に負担となって存在しています。

今まで無視されてきた「隙間の手作業」への対策がこれからの業務効率化、そして企業の成長を左右するカギとなります。

隙間の手作業を埋めるツール【ロボ社員】

経理や人事などの管理部門の定型作業との相性がいいツールで、例えば、請求書のデータ入力など一連の流れを自動処理させることができます。
事務作業を代行する「ロボ社員」は、人手不足時代には活躍するツールです。

「ロボ社員」適用一覧 こちらから

 

「ロボ社員」の活躍には、作業の洗い出しが必要となります。
弊社では、無料で作業の洗い出しをお手伝いしております。
ご希望方は、下記からお問い合わせください。

また、「ロボ社員」は、金沢クラウド.com サイトでご紹介しています。
【単純な作業は、ロボットにお任せ

 

 

金沢クラウド.comサイトへ移動します。

 

※RPAとは、ロボティック・プロセス・オートメーションの略
 パソコンを使った作業を自動化するソフトウェアで、最初からシステムを構築するより低コストで導入できる。
 仮想ロボット、仮想労働者と呼ばれることがある。

Salesforce アプリケーション構築サービスSalesforce 導入支援サービスSalesforce 活用拡大サービス