RPAで出来る事(ロボ社員による業務自動化)

ロボ社員

 

目次
1.RPAとは
2.人手不足の地方で進むRPA導入ニーズ
3.RPAで出来る事
4.RPAのメリット
5.RPAの業務自動化で期待される効果
6.RPAの適用事例

1.RPA(Robotic Process Automation)とは

 RPAとはパソコンを使った定型的な繰り返し作業をソフトウェアのロボットに肩代わりさせて自動化する取り組みやソフトウェアのロボットを表す言葉です。
 製造現場で業務をサポートする産業用ロボットに対し、RPAはデータ転記入力や突き合わせチェックなどの事務業務をサポートします。
 業務の処理手順を設定しておくだけで、ソフトウェア、ブラウザやクラウドなどのアプリケーションを横断して人間と同じようにパソコンを自動操作して業務を行います。

 

2.人手不足の地方で進むRPA導入ニーズ

 生産年齢人口の減少による慢性的な人材不足に備え、人手をいかに補完するかは、地方での大きな課題とされています。
 これまで生産性の向上や業務補助を目的として活用した外部委託や派遣社員は、これからも安定して行えるという保証はどこにもありません。
 今でも業務に欠かせない知識や技術、製品やサービスの品質を維持するために、管理担当者の配置など多くの人的資源を必要としています。
 RPAの導入によって、これまで「人間にしかできない」とされてきた仕事も、ロボットによる代行が可能になります。
 「ほかに代替機能がないためにやむを得ず人間が行ってきた」ともいえる単純作業に近い事務処理や、書類関係の作業に業務改善の可能性が生まれています。
 すでに製造ライン業務では、ITやロボットの導入が進んでいますが、事務部門にも同様の効果が期待できることでRPA導入ニーズは急速に高まっています。

3.RPAで出来る事

 ソフトウェアは指示に従って忠実に作業を行います。業務フローに合わせて設定を行うと、以下のような作業を自動化することができます。
 自動化できることは、手順が確立した作業や パソコン上の画面で完結できる作業
  ・データの転記
  ・読込み画面のコピー
  ・インターネットサイトへの書込み、読込み
  ・印刷ボタンの押下
  ・IDやパスワードの入力
  ・定型メールの作成、送信
  ・クラウドサービスへの書込み、読込み
  ・社内サーバへのアクセス
 効率化できないこと
  ・人の判断が必要になる作業
  ・アナログの処理が含まれる作業

4.RPAのメリット

これまで行ってきた業務を丸ごとロボ社員に置き換えるため、オペレーションを変える必要がない。

 

 

 

システムは既存のものを使用するため、RPAの導入は、短期間・低コストで実現する

 

 

 

RPAは、人間を圧倒するスピードで作業を実施。導入したその日から次々と作業をこなします

 

 

 

5.RPAの業務自動化で期待される効果

 効果1:作業時間の大幅短縮による勤務時間の短縮
 効果2:作業漏れなど人的ミスの防止
 効果3:監視の目が届きにくい業務の不正防止
 効果4:付加価値の高い仕事に専念できる
 効果5:事業や時代のニーズに応える短期間での実現

効果1:作業時間の大幅短縮による勤務時間の短縮

  業務の高速処理によって、作業にかかる時間を大幅に短縮することができます。これまで1件ずつ手作業で処理していた事務作業を代行させることで、残業時間を短縮することが可能になります。

効果2:作業漏れなど人的ミスの防止

人手に頼る作業には作業漏れ、入力間違いなどの人的ミスがつきもの。注意力をそぎやすい単純作業の繰り返しではなおさらです。ソフトウェアが自動処理することで、人的ミスはゼロになり、常に同じ品質の結果が得られます。

効果3:監視の目が届きにくい業務の不正防止

ソフトウェアは設定したルールに基づき確実に処理するため、人に不正を行う余地を与えません。顧客情報などの秘密情報を人の手を介さず処理することで、データ損失・不正利用といったリスクの低減につながります。

効果4:付加価値の高い仕事に専念できる

これまで繰り返しの事務作業に費やしてきた時間を本来の業務に充てることができます。顧客とのコミュニケーションや、データの分析、事業戦略の検討といった、人間にしかできない付加価値の高い仕事に専念できるようになります。

効果5:事業や時代のニーズに応える短期間での実現

6.RPA適用事例

事例1:世の中で活躍するRPA自動化サービス

事例2:請求事務、1社60分が2分程度で処理完了!単純ミスがなくなった!

【RPA導入企業】
  株式会社タスク 石川県金沢市 「情報通信業」
【抱えていた課題】
  請求処理の作業時間を短縮し、より価値ある作業に時間を使いたい
   ・請求事務に1社当たり処理に60分かかる
   ・月初に作業が集中する
   ・売上に比例して人の増員が必要になる
【RPAの活用方法】
  ・請求書の請求金額等を自動で読み読み取り、仕入れ伝票に転記する
  ・伝票確認後は、所定の手続きから自動化して振込依頼を申請する
【RPA導入による効果】
  ・1社当たり60分が、2分程度で処理完了!
  ・単純ミスがなくなった!
RPAをさらに詳しく知りたい方へ
デジタルロボ社員は、金沢クラウド.com サイトでご紹介しています。
【単純な作業は、ロボットにお任せ

 

 

金沢クラウド.comサイトへ移動します。